UNTOUCHABLE

https://alieninterview.org/2019/11/untouchable-3/“…the “Old Empire” has been using Earth as a “prison planet” for a very long time — exactly how long is unknown — perhaps millions of years.  So, when the body of the IS-BE dies they depart from the body. They are detected by the “force screen”, they are captured and “ordered” by hypnotic command to “return to the light”. The idea of “heaven” and the “afterlife” are part of the hypnotic suggestion — a part of the treachery that makes the whole mechanism work.After the IS-BE has been shocked and hypnotized to erase the memory of the life just lived, the IS-BE is immediately “commanded”, hypnotically, to …

続きを読む

OPERATE MORE THAN ONE BODY

https://alieninterview.org/2019/11/operate-more-than-one-body/“…IS-BEs can occupy and operate more than one body at the same time — a fact that previously was thought to be uniquely limited to officers of The Domain. Several other notable examples of this phenomena were observed. For example, the process of refining steel was invented by the same IS-BE who inhabited two bodies simultaneously. One was namedKellywho lived in Kentucky, and the other was a man namedBessemer who lived in England.  They both conceived the same process at the same time.Another example isAlexander Graham Bell the inventor of the telephone, which was invented by several others…

続きを読む

INADVISABLE SCIENCE: BIOLOGICAL ENGINEERING

https://alieninterview.org/2019/11/inadvisable-science-biological-engineering/“The text of books I have been given on subjects related to the function of life forms contain information that is based on false memories, inaccurate observation, missing data, unproven theories, and superstition. For example, just a few hundred years ago your physicians practiced bloodletting [i] (Footnote)  as a means to release supposed ill-humors from the body in an attempt to relieve or heal a wide variety of physical and mental afflictions.  Although this has been corrected somewhat, many barbarisms are still being practiced in the name of medical science.In addition …

続きを読む

児童相談所と児童養護施設の利権維持のために拉致される子供たち。

リチャードコシミズブログよりhttp://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-4bdd30.htmlリチャードコシミズさんが、児相問題に強い関心をむけられ、積極的に活動しておられることに敬意を表します。児童相談所が児童を拉致する大きな目的は、戦争孤児がいなくなった後、閉鎖の危機に直面した児童養護施設の空きベッドを、「虐待」を受けたと称して児相が拉致してきた子どもたちで埋めて、それを経営する社会福祉法人の経営・利権を維持させるためです。児童養護施設の業界団体は、安倍や塩崎(元厚労大臣)などとずぶずぶに結びついています。これは、第3のモリカケと言っていいほどの癒着ぶりです。だからこそ、自民党の児虐政策は、生物学的家族重視という国際社会の動きに逆行しているのです。いま全国で「オレンジリボン」キャンペーンが繰り広げられていて、189(児相)への密告が奨励されていますが、その実働部隊は児童養護施設関係者です。しっかり児童養護施設に子供を送って定年退職した後、児相長は、児童養護施設長に天下りして、第2の高給と退職金を得るのです。児相問題は、児童養護施設とのこういう腐敗した関係にメスを入れなければ、その全体像が見えてきません。こちらのチラシも見てください:http://hit-u.ac/jcrec/Flyer27MAY18_pp1-2.pdf投稿: 子どもと家族を行政介入から防衛する会なるほど、児童養護施設の空きベッドを埋めるために、虐…

続きを読む

香港暴動について、人様と違う意見だったりして。(リチャード・コシミズ)

リチャードコシミズブログよりhttp://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-1d7207.html香港暴動について、人様と違う意見を述べちゃおうかなーと思う今日この頃です。「刑事事件の容疑者を香港から中国本土へ引き渡せるようにする「逃亡犯条例」改正案」というのが、騒ぎの発端で、これは仕方なく撤回したけれど、騒ぎが収まらない。人殺しが香港に潜伏しているのを中国本土に引き渡すのに、香港の若者たちよ、なぜ、そんなに抵抗するのかなー?悪い奴が捕まって、香港が平和になるだけじゃないの。変だなー。香港には、中国本土で作った裏金をプールしている脱税犯がうじゃうじゃいたり、共産党の悪徳幹部が横領財産、賄賂財産を香港に持ち出して、息子や娘に管理させていると思われ。これが摘発されて、中国本土に送還されると死刑続出で真っ青。だから、香港の兄ちゃん姉ちゃんを焚きつけ、活動資金を出して暴動をやらせ逃亡犯条例を阻止。それでもまだ心配なので、この際徹底した反政府運動をやらせて、北京政府が香港に未来永劫に手を出せないように画策中。で、習近平が香港に軍事介入してひと死にが多数出れば、国際的非難を受けるので実行は難しい。これで、ワルの金持ちは心置きなく、隠し財産を香港で運用できる。ということで、香港に隠された中国富豪の資金は、世界の不動産市場に投入される。今一番人気なのは、北海道ニセコ。倶知安町のスキー場には、香港式高級マンションが下品に林立。地価は10倍…

続きを読む

安倍偽総理、ムサシさんの投票改竄装置のおかげで史上最長総理に。

リチャードコシミズブログよりhttp://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-f91c43.html安倍首相、通算在任日数で史上最長。桂太郎に並ぶ。これもひとえに、投票改竄装置のムサシさんのおかげだと、安倍偽総理は、深く感謝したそうです。また、在京新聞、TV局が粉飾支持率で協力してきたことにも感謝し、今後ともタックスヘイブンに裏金を送ると約束したそうです。以上、腐臭漂う首相官邸からのレポートでした。

続きを読む

ジェフリー・エプスタインの児童性愛の世界は日本にも。ですよね、児相さん。

リチャードコシミズブログよりhttp://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-dbd9b8.html英王子に疑念強まる=性犯罪者と親交「釈明」2019/11/18 21:252週間姿見せず、体調不良を認めるhttps://www.msn.com/ja-jp/news/world/英王子に疑念強まる%ef%bc%9d性犯罪者と親交「釈明」/ar-BBWWj33?ocid=spartandhp© 時事通信 提供 アンドルー英王子=10月2日、オーストラリア西部パース(EPA時事) 【ロンドン時事】エリザベス英女王の次男アンドルー王子(59)が性犯罪者との親交について語ったBBC放送のインタビューが、英国で大きな反響を呼んでいる。王子はメディアに出ることで沈静化を図ったようだが、受け答えには不明瞭な点が多い。逆に王子の振る舞いに対する疑念が強まっている。 王子は16日放映の番組で、少女らへの性的虐待などの罪で起訴され勾留中に死亡した米富豪ジェフリー・エプスタイン被告の邸宅に滞在したことについて「誤った行為だった」と釈明した。しかし、未成年の少女との性行為に関する疑惑に対しては「(疑惑の日は)娘と出掛けていた」「(少女の腰に手を回す様子を映した)写真を撮られた記憶がない」と述べただけだった。明確な反証は示されていないと理解され、疑惑は解消されていない。 幼児性愛の元締めだったジェフリー・エプスタインさん。米欧の幼児性愛趣味のセレ…

続きを読む

児相の現実:児童虐待所と改名が必要です。

リチャードコシミズブログよりhttp://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-52d0eb.html↑相模原の児童相談所が、少女らを全裸にして所持品検査。結局、エロ目的。親や教師が見ていないのをいいことに、児相がやりたい放題。「児童相談所の子供同士の会話禁止、目を合わすのも禁止、外出ももちろんだめ 児童相談所の中はイジメも虐待も無いからと言われたのに、職員はすぐ怒声をあげ、パーンと殴る・・・やはり、精神科送りの子供もいる」子供を守るどころか、これでは児童虐待所ではないですか。ふざけるな。許さない。絶対に表に引きずり出して、児相のゴロツキを一匹残らず、晒してやるから待っていろ。テレビで放送できうる範囲の児童相談所の取材内容なのだろうと、鑑みてもとにかくひどいですね。児童相談所の子供同士の会話禁止、目を合わすのも禁止、外出ももちろんだめ児童相談所の中はイジメも虐待も無いからと言われたのに、職員はすぐ怒声をあげ、パーンと殴る・・・やはり、精神科送りの子供もいるようです取材に応じた児童相談所の子供達の証言によれば、児童相談所に時々、教師や議員や児相の管理職が来てる時は普段怒鳴ってる職員が明らかに態度を変えるそうです。(日テレnews every ) https://youtu.be/c_CITNbyqcA動画の尺は19:20投稿: 火星のリスさんファン倶楽部

続きを読む